旬の情報

2017年10月13日

豊肥エリア(竹田市・豊後大野市)のおすすめ情報

のどかな風景に囲まれた豊肥エリアは、温泉・自然・グルメとさまざまな魅力が詰まっています。竹田市は“日本屈指の炭酸泉湧出地”として知られ、温泉を活用したお得なシステムなどを実施しています。また数々の農作物が穫れる豊後大野市は、“九州の野菜畑”とも呼ばれるほどで、それらを使った美味しい食事が楽しめます。

■豊肥エリア(竹田市・豊後大野市)のイベント情報はこちら
■豊肥エリア(竹田市・豊後大野市)の観光スポット情報はこちら
■豊肥エリア(竹田市・豊後大野市)のグルメ情報はこちら
■豊肥エリア(竹田市・豊後大野市)のおすすめモデルコースはこちら


おおいた豊後牛(竹田市・豊後大野市)
県内で最も長く肥育された黒毛和種のうち、肉質等級2等級以上のものだけが“豊後牛”の称号を与えられます。生産量が非常に少なく、全国に頻繁に出回ることが少ない貴重な逸品です。




 

エノハ料理(竹田市)
水のきれいな川にしか生息しないエノハは、ヤマメの別名。竹田の名水で育ったエノハは川魚特有の臭みがない、奥深い味わいが多くの人に好まれています。皮がパリッとした塩焼きや美しいほのかな紅色のお刺身、酢でしめたせごし、カラリと揚がって頭からバリバリと食べる事ができるから揚げなどどれも絶品です。




 

スッポン料理(竹田市)
スッポンはほとんどの部分を食用にするほど栄養価が高く、昔から滋養強壮や病後の体力回復にも効果的と言われてきました。特にコラーゲンを多く含むため、食べた翌日は肌がつるつるになると、近年では女性にも人気です。高級品として扱われていましたが、鍋に唐揚げ、雑炊と、地元で養殖されているスッポンは、手頃な値段で食べる事ができます。




 

頭料理(竹田市)
岡藩主中川久清治政の頃(1615~1681年)、海から遠く離れたまちでも魚をおいしく食べる、生活の知恵として生み出されたのが頭料理です。ニベやアラなど、大きな魚の身だけでなく、頭、エラ、アゴ肉、皮などあらゆる部分をそれぞれ独特の方法で湯引きし、三杯酢でさっぱりといただきます。




 

ソフトクリーム(竹田市)
竹田市は、“ソフトクリーム王国”とよばれるほど、種類豊富なソフトクリームがあります。濃厚なバニラや甘酸っぱいいちごをはじめ、トマトやラムネ、コーンなど、エリアごとに個性あふれるソフトクリームがいっぱい!“ソフトクリームめぐり”もおすすめです。




 

豊のしゃも(豊後大野市)
豊のしゃもは、大分県特産の地鶏です。一般の鶏肉に比べて脂肪が少なく身が締まり、鶏特有の臭みがありません。地鶏のコクとしゃものあっさりした味が相俟って、口に入れると旨みが広がる上質な味が自慢です。餌も地元の季節野菜を与える等、飼育の段階からたくさんのこだわりがあり、その手間暇が美味しいしゃもを育てます。




 

新鮮な野菜(豊後大野市)
雄大な山々と清らかな河川に囲まれた豊後大野市。広大な地形は農地耕作に適しているといわれ、さまざまな野菜が育てられており“九州の野菜畑”として注目をあびています。豊後大野市内には、そんな新鮮野菜を使った料理が味わえる店舗が数多くあります。




 

甘太くん(豊後大野市)
大分独自ブランドで高糖度のサツマイモ。大分県産のべにはるかを収穫後40日以上貯蔵することで、甘みを増加させ、糖度は通常のサツマイモの1.5倍ほどあります。焼き芋にすると、ツヤツヤの密としっとりとした食感が味わえます。




 

クリーンピーチ(豊後大野市)
「クリーンピーチ」は、清川町でユスラウメに桃の木を接ぎ木して育てた桃です。通常の桃よりも糖度が高く、美味しいと評判です。




 

Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.